MT4のEAは自動でFXトレードを行ってくれるので、一見FXの知識がなくてもかんたんに始められそうですが、勝ち続けるためにはしっかり戦略を勉強しなければなりません。EAのロジックとEAの組み合わせ方、2つの視点からしっかりと戦略をたてる必要があります。

各EAには「トレンドフォロー」「スキャルピング」「ナンピン」といったロジックがあり、それぞれに得意とする相場や利益の出し方が異なります。EAの説明欄に戦略やロジックについて説明があるので、しっかりと理解し選択してください。トレーダーによって好みのトレード方法は違います。リスクをなるべく減らして長期的視点でしっかり利益を出したい人にナンピン型EAは不向きですし、反対にリスクはあっても短期でギャンブル的にトレードを行いたいという人にはトレンドフォロー型のEAはつまらなく感じるでしょう。資金に余裕のない人に、ドローダウンが大きくなる可能性のあるナンピンは向いていません。自分自身の性格や資産計画に合った戦略を用いているMT4のEAを選んでください。

MT4のEAの戦略を選ぶときに注意して欲しい点が、使いたいEAの戦略と利用しているFX会社との相性です。スキャルピングのように取引回数の多いEAの場合、スプレッドが広いFX会社で運用すると取引コストの割合がかなり高くなってしまいます。EA自体の成績はいいのに、利益が生まれないといったことになるので、そのEAの戦略とFX会社が適しているかをチェックしてください。EAによっては指定のFX会社があるので、そちらをチェックすると間違いないでしょう。

また世の中の経済状況に応じてEAを変えていくのも大切です。経済の動向や現状を見極め、その時々に適した戦略のEAを選んでいかなければ安定した成績は出せません。今まで勝ち続けてきたEAが、この先もずっと勝ち続ける可能性はゼロに等しいでしょう。成績不振が続くときには、「EAの戦略がトレンドに合わなくなってきているのでは?」と冷静に見直してみてください。一般的に相場の周期は10年単位と言われていますが、直近にもコロナショックやウクライナ危機があったように、いつ何が起こるかは分かりません。EAは過去の相場に合わせて作られているため、今後その戦略がいつ機能しなくなるか予測は不可能です。

次にEAの組み合わせ方、つまりポートフォリオの組み方です。例えばトレンドフォロー型のEAはトレンド相場ではしっかり利益を出してくれるものの、レンジ相場では動きが鈍くなります。為替相場の7~8割はレンジ相場とも言われます。トレンド相場で稼ぐ戦略のEAだけを使っていると、トレードを行ってくれる期間はかなり限られてきます。そこでトレンド相場に強いEAとレンジ相場に強いEAを組み合わせて運用していけば、ほとんどの状況でいずれかのEAが利益を出してくれます。このようにMT4のEAを運用する上で、自分のトレードの全体像を見ながら戦略を組めば、安定した利益を常に生み出すことができます。ここで戦略を考えずに、好きなEAだけを運用していくと同時期に負けが重なってしまったり、最悪証拠金が底をついてしまったり、といったことにもなりかねません。

このようにMT4のEAを運用していくにあたり、EA戦略は非常に重要となってきます。EA自体の戦略、運用の仕方の戦略は成績に直結することなので、しっかりと勉強しながらトレードを行ってください。今の戦略が現状に適していないと思ったときには、すぐに戦略を変ええていく柔軟性や判断力も大切です。世界動向も注視しながら、的確にチャートを読み、コツコツと利益を重ねていきましょう。